TOPへ戻る

お茶のおいしいいれ方
◆お茶のプロとして少々コツをお教えしましょう。
1.お茶の葉の分量は多めに。
1人2g、5人分で家庭用の大さじに
2杯ぐらいが目安ですが、気持ち多めに入れた方がおいしいです。

2.そして良いお茶ほどお茶の葉をたっぷり使ってください。 

3. 
お湯の温度は低めに。ポットのお湯が80℃ぐらいの時、
煎茶では、いちど茶碗にお湯を入れてそれから急須に注いでください。
外気温にもよりますが、これで10℃ぐらいお湯の温度が下がり、適温になります。

4.玉露の場合は湯冷ましがあれば湯冷ましにお湯を入れて1分ほど待ちます。
湯冷ましがない場合は茶葉を入れる前の急須を代わりに使います。
そしてこのお湯を 茶碗に入れます。あまったお湯は捨ててください。
この茶碗のお湯を茶葉を入れた急須に注いでください。
これでお湯の
温度は50℃〜60℃くらいになり、玉 露の適温になります。

5.お茶は、
お湯の温度が高ければ渋み成分のカテキンが多く抽出され、
低ければ甘味成分のアミノ酸が多く抽出
されます。

6.後はあせらず、 ゆっくり時間をかけて急須の中でお茶が浸出するのを待ちます。
時間は煎茶で1分前後、玉露で2〜3分程度が目安です。

7.最後に、人数分の茶碗に濃淡のないよう均等に注ぎ回しをし、
うまみ成分の詰まった 
最後の一滴まで絞りきってください。
こうしておくと、二煎目もおいしく入ります。 

以上、お茶をおいしく入れる
ポイントは4つです。
1.お茶の葉は、たっぷりと  
2.お湯の温度は、ぬるめに 
3.時間は、ゆっくりと     
4.最後の一滴まで絞ります